モンクレールの歴史

ダウンウェアの最高峰

アルプス

フランス・アルプスグルノーブル郊外の小さな村、MonestierdeClermont(モネスチエドゥクレールモン)に設立された「モンクレール」。

その歴史は長く、創業は1952年に遡ります。もともとはテントやシェラフ、ウェアといった登山家のための装備を手掛ける企業で、工場で働くスタッフの防寒用に作った手足を出せるシェラフが今日のダウンウェアの原型なのだそうです。

登山家へのウェア提供

カード

モンクレールは、フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功したリオネル・テレイをテクニカルアドバイザーに迎えて、軽量で保温力に優れ、機能的なダウンウェアを開発。

1954年のイタリアのカラコルム登頂隊、1955年のフランスのマカル登頂隊、1964年のアメリカのアラスカ遠征隊にウェアを提供するなど、ほどなくして世界の登山家たちから絶大な支持を得るようになりました。

シンボルマークの誕生

モンクレールロゴ

1968年第10回冬季オリンピック大会(地元グルノーブルで開催)で、モンクレールはフランスのアルペンナショナルスキーチームの公式スポンサーに認定されフランス代表選手に愛用されています。

そのオリンピックからフランスの国鳥である「オンドリ」がモンクレールのシンボルマークとなり、商標として使われるようになったのです。

このときの洗練されたトリコロールカラーのダウンウェアは、モンクレールの名を世に知らしめるきっかけになりました。

その後

1980年代には、登山家やスキーヤーといったプロフェッショナルのためのモンクレールがパリのセレクトショップなどで扱われるようになり、モードとして脚光を浴び始めました。

以来、モンクレールは、クラシックでありながら、最高のダウン製品を提供し続け、流行を取り入れたファッション性の高いダウン製品等の創作に力を入れました。

更に、アイテムの充実をはかり、トータルルックを完成させ、レディースモデルにも力を入れてきました。

今ではモンクレールはファッションとしてもトレンドを引っ張るまでになり、今の位置を築いているのです。